「瀬戸の夜景」夜景撮影研究室 vol.4
ネガフィルムとの比較(2)
ここでは、デジカメで最も夜景らしく写ったF2.0 4秒と同じ露光で撮影したフィルム画像を比較して見ました。
撮影対象が、デジカメにはかなり苦しい題材です。
神戸・横浜のような都会なら、全体が明るい上、光源の明るさも揃っているため、
もっと短い露光時間が適正になります。
尾道は暗いので、長時間露光にしないと全体像が写りません。
そのため、光源が全部露出オーバーになってしまいました。
どちらも F2.8 4秒 で撮影しています
デジカメ ネガフィルム

20%縮小
デジカメらしい、コントラストが高くクリアな画像です

23%縮小
デジカメとは対象的に、階調性豊かな画像です
撮影時にあった、薄いモヤまで再現しています
原寸画像を使って細部を比較してみました

これだけ見ると、それなりに綺麗ですが、
ネガフィルムと比べるとガッカリします

縮小してもよくわかるこの水面反射が、
ネガフィルムとデジカメの大きな違いでしょう

縮小画像ではよくわかりませんが、原寸で見ると
明るい光は真っ白に飛んでしまってます
色の再現性は、さすがデジカメです

色が少しおかしいですが、
これはフォトレタッチ技術の問題?

戻る